看護師の面接で希望する科を言ったほうがいいのか?

看護師の履歴書&面接navi > 希望する科

看護師の面接で希望する科を言ったほうがいいのか?

看護師の面接の際に、病院など複数の診療科を抱えている医療機関の場合「希望配属先はありますか?」と聞かれることもあります。もし希望する診療科目があれば、そのことをこの段階で伝えましょう。現状看護師はどこも慢性的な人材不足の状態に陥っています。このため、けっこう自分の希望を伝えればそのように配属してくれるケースも多いです。新卒で大量採用された看護師の中には、全員希望する診療科に配属できたといった話も聞かれるくらいです。

もし希望する配属先に関する質問があった場合には、希望があればここではっきり伝えておくことです。「どこででも頑張ります」といった方が印象も良いのではないかと思う人もいるかもしれません。しかしそのように言って自分の希望する診療科目に配属されないと、結局就業後に苦労するのは自分です。診療科目を伝える場合、なぜ希望するのかその理由をしっかり伝えておきましょう。たとえば「○○科で今まで○年業務をさせていただいた経験があるから」とか「○○分野の認定看護師資格を持っているから」など希望する診療科目におけるキャリアが十分あれば、その部分は配属先を決めるにあたって考慮されるでしょう。

ただし希望する診療科目についてですが、絶対に希望した通りの配属になるとは限りません。病院側の事情もあるからです。希望する診療科目を理由づけで伝えても、最後に「もし別の診療科に配属されたとしても一生懸命やらせていただくつもりなのでお任せいたします」といった言葉で締めましょう。そうすれば、柔軟な対応のできる看護師を相手にアピールすることにもなります。「この診療科目の配属でないと嫌」というニュアンスよりも使いやすいと相手に思わせることができ、採用の可能性がアップします。

希望配属先に関する質問ですが、必ずどの病院でも行われるわけではありません。中には質問をしてこないケースもあります。病院が主導で配属先を決めてしまう場合もありますし、内定者を対象にして入職前に希望配属先について後々アンケートを取るので面接のときに質問する必要がないからということもあります。

もし希望配属先を面接試験の中で聞かれなかった、でも自分には希望する配属先があれば、質問をするところでさりげなく自分の希望を伝えてみると良いでしょう。たとえば「○○科は具体的に何人くらい看護師のスタッフはいますか?」とか「○○科ではどのような仕事内容を担当しますか?」といった質問をすることで、希望する診療科目のあることをそれとなく伝えることができます。

人気の看護師転職エージェント!

ランキング 第1位
サービス名 ナースフル
オススメ度 ★★★★★
公式サイト ナースフル詳細はこちら
ランキング 第2位
サービス名 ナース人材バンク
オススメ度 ★★★★
公式サイト ナース人材バンク詳細はこちら
ランキング 第3位
サービス名 マイナビ看護師
オススメ度 ★★★
公式サイト マイナビ看護師詳細はこちら

看護師転職エージェント一覧

看護師履歴書の基本

看護師面接時の基本

看護師転職エージェント利用のメリット

このサイトについて