看護師の面接の服装!

看護師の履歴書&面接navi > 服装

面接対策!服装の基本!

看護師の面接における服装について、ウェブサイトには色々書かれています。「白衣で行ったらどうなるの?」と言う質問はさすがにないと思いますが、「どう言う服装をしたら良いの?」と考える人はたくさんいると思います。転職組のあなたなら、簡単ですよね?前の病院で、どうやって働いていましたか?勤務先で髪の毛を染めていましたか?寝癖が許されましたか?アクセサリーはどうでしたか?時計のデザインは、どこまで許されましたか?前の病院で決められていた服装、メイク、髪型、アクセサリーのルールを、そのまま活かして下さい。何しろ、あなたは病院で働いていたのです。現場で通用していたメイクや髪型、服装をまるごと活かして下さい。前職の経験を活かしましょう。

「でも、白衣は着ていけない」

その通りです。白衣をスーツに着替えて、後は前の職場でしていた髪型、メイク、時計をしていってください。「なるほど」と、思ったあなた、待って下さい。実は、面接の身だしなみで一番差が出るポイントは、服装やメイク、髪型ではありません。

「え?そうなの?」そうです。誰でも、髪の毛や服装は、気を付けて行きます。しかし、差が出るポイントは、実は小物、持ち物にあります。

「小物?」そうです。小物とは、例えば女性ならパンプス、男性なら革靴です。皮の靴、磨いていますか?色が落ちて、傷だらけの靴はその人の本当が出てしまいます。面接の前に必ず磨いてください。鞄の中身にも要注意です。鞄をきれいに手入れする必要もありますが、中味は気を抜いてしまいがちです。例えば、カッチリとした鞄を持っているのに、中に入っている携帯電話のストラップがガチャガチャしていたら、幼稚さを見抜かれてしまいます。

「ええ、でも鞄の中だから、見られないよ」と、反論するあなた、その油断が、一番怖いのです。どうせ見られないからと言って、油断していると、何が起きるか分かりません。何かの拍子に鞄を開けるタイミングが来るかもしれません。その鞄の中に見えたゴテゴテのストラップは、印象がよくありません。念には念を入れて、外しておきましょう。文房具も油断してしまうポイントです。カッチリとしたスーツ、鞄、靴を用意しても、メモする際に出したペンやペンケースが、幼く派手な文房具であれば、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。思わず手を抜いてしまいがちな部分で、差が開きます。髪形、服装は皆、整えてくるからです。油断せずに、面接の日1日だけでも、ストラップなどは外しておきましょう。

※転職をお考えの看護師は転職サイトへの登録をオススメします。転職サイトでは求人を紹介するほかに、履歴書の書き方や面接対策なども行ってくれます。初めての転職でも安心です。その他にも給料や待遇などに関する言いづらい条件交渉の代行もやってくれます。無料で登録できますので、お気軽にご利用ください。

人気の看護師転職エージェント!

ランキング 第1位
サービス名 ナースフル
オススメ度 ★★★★★
公式サイト ナースフル詳細はこちら
ランキング 第2位
サービス名 ナース人材バンク
オススメ度 ★★★★
公式サイト ナース人材バンク詳細はこちら
ランキング 第3位
サービス名 マイナビ看護師
オススメ度 ★★★
公式サイト マイナビ看護師詳細はこちら

看護師転職エージェント一覧

看護師履歴書の基本

看護師面接時の基本

看護師転職エージェント利用のメリット

このサイトについて