看護師の面接のマナー!

看護師の履歴書&面接navi > マナー

面接対策!面接の基本マナー!

面接のマナーと聞いて、「私、マナーに関しては天下一品なの」と、胸を張れる看護師など、ほとんどいませんよね?「マナー…?」と、頭が真っ白になってしまう方が大半です。あなたも同じですよね?肝心なポイントを再確認しましょう。病院は何のために面接をするのですか?あなたを採用するか、判断するためです。

では、何の仕事に採用しようとしているのですか?看護師ですね?看護師として、自分たちの病院で採用しても構わないかを見ます。マナーに関して具体的に何を見るかと言えば、病院の現場に出て、患者さんに対して失礼の無い人間かどうかを見ます。

現場で、患者さんにどうやって接していましたか?鼻くそをほじくりながら、会話しましたか?疲れたからと言って、絶望的な顔を患者さんに見せましたか?どんなに辛くても、患者さんの前では、さっと笑顔を作ったのではありませんか?その心持ちです。患者さんの前でどうやってふるまっていたか、その気持ちを思い出して、自分のマナーを見つめなおして下さい。目の前にいる面接官に気に入られるためのマナー、面接用の特別なマナーなど、ワニに食べられてしまえば良いのです。面接官の向こう側には、患者さんが居ます。患者さんに接する態度で、面接にのぞみましょう。

「でもな、もうちょっと、具体的に言って欲しいな」と、嘆くあなた、なるほど。では、例えば声の大きさを考えてみましょう。患者さんに対応する時、どの位の大きさの声で話しますか?子供、大人、高齢者、相手の症状によって、自然に声を使い分けていませんか?答えはそこにあります。

つまり、相手次第なのです。患者さんの話している内容が聞き取れなかったときは、どうしますか?質問をしますよね?間違った情報で間違った処置をしたら、重大な失敗につながってしまいます。その態度で面接にものぞんでください。相手の言っている言葉が聞こえなかったのに、面接では愛想で笑って済ませようとしていませんか?「質問をするなんて、失礼だ」などと、面接では考えてしまいます。ですが、看護の現場で、患者さんの言葉の意味が分からなかった場合、愛想笑いして済ませますか?絶対にしませんよね?常に、現場でどうやってふるまっていたか、その態度を思い出して下さい。丁寧に接しますが、必要以上に腰を低くする必要もありません。患者さんにペコペコしますか?しませんよね?答えは現場にある、湾岸署の青島さんではないですが、その心持ちで面接にのぞんでください。

※転職をお考えの看護師は転職サイトへの登録をオススメします。転職サイトでは求人を紹介するほかに、履歴書の書き方や面接対策なども行ってくれます。初めての転職でも安心です。その他にも給料や待遇などに関する言いづらい条件交渉の代行もやってくれます。無料で登録できますので、お気軽にご利用ください。

人気の看護師転職エージェント!

ランキング 第1位
サービス名 ナースフル
オススメ度 ★★★★★
公式サイト ナースフル詳細はこちら
ランキング 第2位
サービス名 ナース人材バンク
オススメ度 ★★★★
公式サイト ナース人材バンク詳細はこちら
ランキング 第3位
サービス名 マイナビ看護師
オススメ度 ★★★
公式サイト マイナビ看護師詳細はこちら

看護師転職エージェント一覧

看護師履歴書の基本

看護師面接時の基本

看護師転職エージェント利用のメリット

このサイトについて