中高年の看護師が面接で気を付ける事とは!?

看護師の履歴書&面接navi > 中高年

中高年の看護師が面接で気を付ける事とは!?

通常であればいわゆる中高年世代になると、なかなか転職先の見つからない傾向があります。しかし看護師の場合、人材不足の状況が続いているので、中高年看護師でも採用される可能性は十分あります。ただし面接対策などをしっかり事前準備をしておかないと、転職先を確保するのは難しくなります。中高年の看護師転職面接対策の中で特に重要なのは、志望動機とこれまでの職歴についてです。

志望動機ですが、なぜ面接官が聞くかその目的は採用後のミスマッチを防ぐことにあります。またもう一つ、応募者のプレゼンテーション能力を見たいからというものもあります。もしかすると採用されても応募者の希望する仕事が担当できないかもしれません。そこで志望動機を聞かれた場合には、まずなぜその病院の案件に応募しようと思ったのか、その理由を説明しましょう。そして企業が求める人材といかに自分がマッチしているかのアピールを行うことが大事です。「自分であれば病院の強みをさらに引き延ばすだけの経験もスキルもある」ということをアピールできるような回答を準備すると良いでしょう。そして経験やスキルがあるだけでなく、面接官も納得できるようなその根拠を具体的に提示すれば、「この人を採用したい」と相手に思わせることもできるようになります。

中高年の看護師を採用するにあたって、病院側としてみれば即戦力となってもらわないと困るという気持ちがあります。もし育成をするのであれば、中高年よりも若い看護師を雇った方が良いからです。そこで、いかに自分が即戦力の人材であるかという部分も面接試験などでアピールしておきたいところです。今までどのような経験をしてきたのか、業務内容を説明しましょう。おそらく申し込みの段階で職務経歴書を出しているでしょうから、そこに書かれている内容をベースにして、職務経歴書に書かれていない細かな内容を掘り下げていきましょう。仕事内容や技術的な側面について、さらに面接官から質問されることもあるかもしれません。その場合には聞かれた内容について簡潔に答えるようにしましょう。

中高年看護師でも採用される可能性は十分あります。しかしもし若い看護師が同時に応募しているのであれば、若い方が採用される可能性は高いです。より長く病院で勤務してもらえるからです。それを覆すためには、豊富なキャリアのあることをしっかりアピールしましょう。相手に「使ってみたい」と思わせるには、どこを重点的にPRすればいいかを考えましょう。

人気の看護師転職エージェント!

ランキング 第1位
サービス名 ナースフル
オススメ度 ★★★★★
公式サイト ナースフル詳細はこちら
ランキング 第2位
サービス名 ナース人材バンク
オススメ度 ★★★★
公式サイト ナース人材バンク詳細はこちら
ランキング 第3位
サービス名 マイナビ看護師
オススメ度 ★★★
公式サイト マイナビ看護師詳細はこちら

看護師転職エージェント一覧

看護師履歴書の基本

看護師面接時の基本

看護師転職エージェント利用のメリット

このサイトについて