看護師の履歴書の自己PR欄!

看護師の履歴書&面接navi > 自己PR欄

履歴書の自己PR

看護師のあなたは、自己PRを書く作業が、苦手ではありませんか?「うん、そうなの!!」と言う、同意が聞こえてきそうです。自己PRが苦手な看護師、実は多いです。苦手な余り、履歴書の自己PR欄を空白にしたまま、転職先に提出してしまう看護師も居るくらいです。なぜ、看護師は自己PRが苦手なのでしょうか?答えは、自己をPRする必要がないまま年月を過ごしてきたからです。看護師は売り手市場です。自分を積極的にアピールしなくても、ある程度、就職先は見つかりましたね?就職してからの毎日も考えて下さい。営業の人のように、何かを売り込みに他社を歩き回る仕事もありません。プレゼンで、新商品を宣伝する仕事もありません。与えられた仕事を、いかに上手にこなすか、その能力が問われる看護師です。何かを売る能力は、求められていないのです。自己PRとは、自分を売る仕事です。何も売った経験がない看護師です。自己PRが苦手だからと言って、悲観しなくて良いです。あなたが苦手なら、他の看護師も苦手です。

1.自己PRでは、自分の考えるセールスポイントは語らない
2.自己PRでは、相手の悩みを解決するセールスポイント語る

自己PRだけでなく、何かを売り込む際の鉄則です。詳しく見てみましょう。

■自己PRでは、自分の考えるセールスポイントは語らない物を売る鉄則の1つです。新米の営業担当者ほど、自社製品のメリットを次から次へと並べてしまいます。自己PRでも一緒です。自分の優れた点を、あなたは自己PRで、思いつくままに書き並べてしまうかもしれません。「だって、私のPRだもん。自分の優れた点しか書けないじゃん」と不満に思うあなた、その通りです。嘘は書けません。最終的にはあなたの優れた点を書くしかありません。しかし、あなたの優れた点の中で、何を書くかは、あなたが決めるのではないのです。

■自己PRでは、相手の悩みを解決するセールスポイントを書くあなたはプロの看護師です。技術、経験、勤務態度など、優れた点はあると思います。ですが、その全てを書き並べても、相手には届きません。なぜでしょう?病院側が知りたい情報ではない可能性が高いからです。何よりも、病院側が困っている問題を、最初に把握して下さい。相手が困っているポイントをよく知った上で、その問題を解決できる能力が自分にはあると、アピールするのです。

例えを出しましょう。仮にある病院が、ストーマケアの経験を持つ即戦力の看護師を求めていたとします。その病院に対し、「私は今まで一度も欠勤をしていません。勤務態度で、師長から表彰された経験があります」と自己PRをしたとします。どうですか?「それはすごいけれど・・・」と言う病院の反応が目に見えます。相手の求めている情報と、あなたの与える情報に、ずれがあるのです。「今までの3年間、皮膚・排泄ケアの看護を担当してきました。特にストーマケアに関しては、○○件以上の経験があります。ゆくゆくは皮膚・排泄ケアの認定看護師取得も視野に入れています。貴院の皮膚・排泄ケア分野における、リーダー的存在になれればと思っています」と書いたら、どうですか?

病院側の欲しがる人材と、あなたのアピールが一致しています。病院側は、あなたに対して大変な興味を覚えるに違いありません。自己PRとは、相手の求める情報に沿って、組み立てるのです。あなたが勝手に考えてはいけません。「ええ!でも、相手の病院が何を求めているなんて、知らないよ」と言うあなた、そうですよね。それならば、例えば、民間の企業が運営している転職支援サービスを利用したらどうですか?転職支援サービスは、病院側の本音もしっかりと把握してくれています。転職支援のスタッフと一緒に履歴書を作れば、自己PRで自分勝手なアピールをしなくて済みます。ぜひ、利用してみてください。

※転職をお考えの看護師は転職サイトへの登録をオススメします。転職サイトでは求人を紹介するほかに、履歴書の書き方や面接対策なども行ってくれます。初めての転職でも安心です。その他にも給料や待遇などに関する言いづらい条件交渉の代行もやってくれます。無料で登録できますので、お気軽にご利用ください。

人気の看護師転職エージェント!

ランキング 第1位
サービス名 ナースフル
オススメ度 ★★★★★
公式サイト ナースフル詳細はこちら
ランキング 第2位
サービス名 ナース人材バンク
オススメ度 ★★★★
公式サイト ナース人材バンク詳細はこちら
ランキング 第3位
サービス名 マイナビ看護師
オススメ度 ★★★
公式サイト マイナビ看護師詳細はこちら

看護師転職エージェント一覧

看護師履歴書の基本

看護師面接時の基本

看護師転職エージェント利用のメリット

このサイトについて