看護師の職務経歴書!

看護師の履歴書&面接navi > 職務経歴書

職務経歴書の書き方

履歴書ならまだしも、職務経歴書を書いた経験のある看護師は、それほど多くはないはずです。履歴書なら、学生の頃からアルバイトでも書いた経験があるはずです。しかし、職務経歴書となると、馴染みは薄くなります。

「職務経歴書って何?」
職務経歴書とは、履歴書の職歴をもっと詳しく書き記した用紙です。履歴書にも、学歴と職歴を書きますね?しかし、履歴書には仕事の内容を詳しく書くスペースがありません。そこで、別紙に今までの勤務先、勤務年月日、診療科目、病床数、職員数、職務内容などを細かく書き記す必要があります。その用紙を職務経歴書と言います。新卒のあなたは関係ありませんが、既卒で、転職組のあなたは、重要な書類です。

1.病院の側は、即戦力を求めている
2.あなたをアピールできる絶好のチャンス

職務経歴書が採用、不採用を大きく左右すると考えて、作成して下さい。

■病院の側は、即戦力を求めている中途採用で看護師を採用する以上、ある程度は即戦力を求めています。しかし、即戦力と言っても、色々です。特定の診療科目に強みを持つ人材を求めていたり、異動を柔軟に受け入れてくれる何でも屋さんの人材を求めていたり、様々です。あなたは、職務経歴書を書く場合、その病院側の思惑を参考にする必要があります。

「相手の望む内容を書く」
以上の考え方を、忘れないで下さい。敵を知り己を知らば百戦危うからずではないですが、病院が何を求めているのかをしっかりと研究して、職務経歴書に落とし込んで下さい。

「どういうこと?」例を出しますね。病院が、特定の診療科目、例えば皮膚科に強い人材を求めていたとします。その際は、職務経歴書の中で、皮膚科の経験を特に目立つように書くのです。自分が経験した仕事の内容を思いつくままに書くのではなく、病院が欲しがっている人材像に沿って、今までの職務内容を書き分けるのです。嘘はいけません。嘘ではなく、事実を元に、強調する部分を変えるのです。

■あなたをアピールできる絶好のチャンス職務経歴書は、自分をPRする道具です。今までの自分の歴史を思いつくままに書けば良いのではありません。目的を思い出してください。採用してもらうために書くのです。職務経歴書は、自分を宣伝する強力なツールだと、思い出して下さい。今まで勤めた病院で、色々な仕事をしたと思います。職務内容と言われても、無限にあります。その無限にある経験の中から、求人側が求めている経験を、上手にアピールすれば良いのです。

 「え?!でも、どうやって、病院側のニーズを知るの?」
と言う、戸惑った声が聞こえてきます。手はあります。例えば、民間の企業が運営している転職支援サイトに登録して下さい。転職支援サービスを仕事にしているスタッフたちは、求人の裏側にある思惑まで理解しています。裏側にある本音を予め教えてもらって、病院サイドの本音に沿って、職務経歴書を組み立てましょう。病院を知り己を知らば就職危うからずです。

※転職をお考えの看護師は転職サイトへの登録をオススメします。転職サイトでは求人を紹介するほかに、履歴書の書き方や面接対策なども行ってくれます。初めての転職でも安心です。その他にも給料や待遇などに関する言いづらい条件交渉の代行もやってくれます。無料で登録できますので、お気軽にご利用ください。

人気の看護師転職エージェント!

ランキング 第1位
サービス名 ナースフル
オススメ度 ★★★★★
公式サイト ナースフル詳細はこちら
ランキング 第2位
サービス名 ナース人材バンク
オススメ度 ★★★★
公式サイト ナース人材バンク詳細はこちら
ランキング 第3位
サービス名 マイナビ看護師
オススメ度 ★★★
公式サイト マイナビ看護師詳細はこちら

看護師転職エージェント一覧

看護師履歴書の基本

看護師面接時の基本

看護師転職エージェント利用のメリット

このサイトについて